国立感染症研究所 感染症情報センター
Go to English Page
ホーム疾患別情報サーベイランス各種情報
感染症の話
腎症候性出血熱

 ネズミを介するハンタウイルス(Hantavirus )の感染による出血性腎疾患で、スカンジナビア型の良性腎症(流行性腎症:nephropathia epidemica:NE、良性流行性腎症:benign epidemic nephropathy: BEN)、および重症型の多いアジア型の腎症(流行性出血熱:epidemic hemorrhagic fever:EHF、韓国型出血熱:Korean hemorrhagic fever:KHF、出血性腎症腎炎:hemorrhagic nephroso-nephritis:HNN)などの総称である。旧日本陸軍(関東軍)が旧満州(現中国東北地方)において致死率15%の奇病の流行に遭遇したものは、濾過性病原体による流行性出血熱であるとされ、後に韓国型出血熱と同一のものであることが判明した。
 なお1993年、米国においてニューメキシコ州を最初として突如現れた致死率65%に達する急性肺疾患は、Hantavirus 属に分類される新種のウイルスであることが判明し、疾患名はハンタウイルス肺症候群(hantavirus pulmonary syndrome:HPS)、病原ウイルスはSin Nombre virus(名なしウイルス)と命名された。

疫 学

【流行状況】
 かつてハンタウイルス感染症は、中国・韓国を中心としたアジア地域の農民、兵士などの間で主に流行するものと考えられていたが、軽症型を含めると北欧を含めたアジア・ユーラシア大陸に広く分布していることがわかった。本症が世界的に注目されたのは、1950年代の朝鮮戦争の際に、朝鮮半島に駐留した国連軍兵士2,000人あまりの間で不明熱患者が発生し、症状と剖検所見から旧満州・旧日本軍の間で流行したEHFと同一疾患であることが判明したことによる。

当時本症はKHFと名付けられた。現在でもHFRSは、中国では毎年10万人規模、韓国では数百人、欧州全域では数千人程度の患者発生があるものと考えられており、全世界における本症による年間入院患者数は6〜15万人ほどであろうと推測されている。
 血清学的陽性を含めると、ハンタウイルス感染はユーラシア・東南アジア・アフリカなどに広く分布しており、新ウイルスであるSin Nombre virusを含めるとアメリカ大陸一帯に広く存在する(図)


【日本におけるHFRS】
 かつての旧満州での流行性出血熱は日本人での感染例ではあったが、日本本土に疾患が持ち込まれてはいない。1960年頃から約10年間にわたり大阪梅田地区で流行し、2人の死亡と119人の患者発生があったいわゆる「梅田奇病」は、ハンタウイルス感染によるものであることがわかった。
 1970〜80年代に医学生物などの生物系研究室で、実験目的で購入したラットがウイルスで汚染されていたことにより、22機関で126名のハンタウイルス感染患者が発生し、1981年にはラット飼育者が死亡した。現在では、施設の改善と飼育販売業者によるウイルスの事前チェックと感染排除策により、感染者は出ていない。

病原体
 Hantavirus 属はブニヤウイルス(Bunyaviridae )に分類される。最初に分離されたのは韓国(Lee HWによる)で、保有患者の出身地を流れる川(漢難河:Hanta River)から命名された。Hantavirus は血清学的には以下の6種類に分類され、疾患、分布もそれぞれ以下のようになっている。
  1)Hantaan virus(疾患:HFRS、分布:中国、韓国、極東ロシア)
  2)Dobrava virus(疾患:HFRS、分布:東欧)
  3)Seoul virus(疾患:HFRS、分布:中国、韓国、日本、米国、欧州)
  4)Puumala virus(疾患:HFRS [NE]、分布:欧州)
  5)Prospect Hil(l ヒトでの疾病なし、分布:米国東部)
  6)Sin Nombre virus(疾患:HPS、分布:米大陸)
 感染源はウイルスを保有する野ネズミで、ネズミの尿中にはウイルスが大量に排泄される。ウイルス保有ネズミに咬まれる、傷口からウイルス保有ネズミの体液、排泄物などが侵入することなどにより感染する。ウイルス保有ネズミのし尿がほこり、土壌などへ大量に混入し、空気感染により感染を受けることもある。潜伏期は10〜20日であり、ヒトからヒトへの感染例はない。

臨床症状・徴候
 軽症から重症まで様々な段階があるが、重篤な症状としての腎不全の存在に注意する必要がある。軽症型では上気道炎症状と微熱、軽度の蛋白尿と血尿が見られる程度で終わることが多いが、重症型では、有熱期、低血圧・ショック期(4〜10日)、乏尿期(8〜13日)、利尿期(10〜28日)、回復期に分けられる。HFRS患者の約1/3は出血傾向を伴う。重症型の致死率は3〜15%である。
 Hantavirus の主な標的臓器は毛細血管内皮細胞であるが、HFRSでは腎血管内皮、HPSでは肺血管内皮が主な病変部位であり、その理由については目下不明である。

病原診断
 ELISA、IFA、IAHAなどにより、血清中の抗体測定が行われる。PCRによる遺伝子診断、ウイルス分離なども可能であるが、特殊検査であり、一部大学研究機関、一部地方衛生研究所、および国立感染症研究所などで検査室診断が行われる。

治療・予防
  対症療法が治療の中心となる。低血圧性ショック、および重篤な症状としての急性腎不全の存在に注意する必要があり、人工透析などを要する場合もあることを念頭におくべきである。野ネズミとの接触を避けることが最大の防御である。積極的な予防方法として、韓国および中国では不活化ワクチンが開発されているが、いずれも国内の一部で使用されているにすぎない。

感染症法における取り扱い (2003年11月施行の感染症法改正に伴い更新)
 腎症候性出血熱は4類感染症に定められており、診断した医師は直ちに最寄の保健所に届け出る。報告のための基準は以下の通りとなっている。
 ○診断した医師の判断により、症状や所見から当該疾患が疑われ、かつ、以下のいずれかの方法によって病原体診断や血清学的診断がなされたもの
 ・病原体の検出
  例:急性期の血液、尿からのウイルスの分離など
 ・病原体の遺伝子の検出
  例:PCR法など
 ・病原体に対する抗体の検出
  例:血清抗体の検出(ELISA、免疫蛍光法)など

(国立感染症研究所感染症情報センター 岡部信彦)




更新情報
この記事は1999年第48週 を更新して掲載しています。

Copyright ©2004 Infectious Disease Surveillance Center All Rights Reserved.