国立感染症研究所 感染症情報センター
Go to English Page
ホーム疾患別情報サーベイランス各種情報
高病原性鳥インフルエンザ



ブタインフルエンザ−更新4

      2009年4月28日 WHO(原文


 状況は急速に進展し続けている。2009年4月28日19時15分世界標準時(訳注:日本時間 4月29日午前4時15分)現在、7カ国がブタインフルエンザA/H1N1感染の症例を公式に報告している。アメリカ合衆国政府は64例の検査確定されたヒト症例を報告しており、死亡者はいない。メキシコ政府は、7例の死亡例を含む26例の確定ヒト症例を報告している。

 以下の国が検査確定された症例を報告しているが、死亡者はいない:カナダ(6例)、ニュージーランド(3例)、英国(2例)、イスラエル(2例)、スペイン(2例)。

 状況に関するさらなる情報はWHOのウェブサイトで定期的に閲覧可能になる。

 WHOは通常の旅行の制限や国境の閉鎖をなんら勧告していない。体調の悪い人は国際的な渡航を延期し、国際的な渡航ののちに症状を呈している人は医療機関を受診することを、国の当局の指針に沿って行うことが賢明であろう。

 十分に調理された豚肉や豚の加工製品を消費することで、このウイルスに感染するリスクもない。個々の人々は、定期的に石鹸と水でしっかり手を洗うことが勧められ、インフルエンザ様疾患の症状を呈した際には医療機関を受診するべきである。




(2009/4/29 IDSC 更新)
 * 情報は日々更新されています。各ページごとにブラウザの「再読み込み」「更新」ボタンを押して最新の情報をごらんください。

Copyright ©2004 Infectious Disease Surveillance Center All Rights Reserved.