国立感染症研究所 感染症情報センター
Go to English Page
ホーム疾患別情報サーベイランス各種情報
高病原性鳥インフルエンザ

WHO 更新情報
  鳥インフルエンザ−エジプトにおける状況−更新36

      2010年8月12日 WHO(原文


 エジプト保健省は、新たに鳥インフルエンザウイルスH5N1亜型のヒト感染症例を報告した。

 症例はカイロ市Elsalam地区出身の2歳女児で、8月2日発症、同日入院しオセルタミビルで治療が開始され、現在、入院治療継続中である。

 疫学調査の結果、この症例は病気や死亡した家禽への曝露歴があることが確認された。

 症例はWHOの世界インフルエンザサーベイランスネットワーク(GISN)の国立インフルエンザセンターであるエジプト中央公衆衛生研究所で確定診断された。

 エジプトでは現在までに確定された111例のうち、35例の死亡が確認されている。



(2010/8/16 IDSC 更新)
 * 情報は日々更新されています。各ページごとにブラウザの「再読み込み」「更新」ボタンを押して最新の情報をごらんください。

Copyright ©2004 Infectious Disease Surveillance Center All Rights Reserved.