国立感染症研究所 感染症情報センター
Go to English Page
ホーム疾患別情報サーベイランス各種情報
高病原性鳥インフルエンザ

WHO 更新情報
  鳥インフルエンザ−エジプトにおける状況−30

      2010年2月17日 WHO(原文


 2月17日、エジプト保健省は新たに2例の鳥インフルエンザウイルスH5N1亜型のヒト感染症例を報告した。

 1例目の症例はMenofya行政区Ashmon地区の32歳男性で、2月6日に発症、2月8日に入院し、オセルタミビルの投与を受け、病状は安定している。

 2例目の症例はMenofya行政区Elsadat地区の29歳の妊婦で、2月6日に発症、2月12日に入院し、オセルタミビルの治療を受けたが、2月13日に死亡した。

 感染源に関する調査では、いずれの症例も病気あるいは死亡した家禽への曝露が考えられた。

 症例はWHO の世界インフルエンザサーベイランスネットワークの国立インフルエンザセンターであるエジプト中央公衆衛生研究所で確定診断された。

 エジプト保健省は、以前に報告していたHelwan行政区Helwan地区で1月31日に発症した37歳男性、Menofya行政区Elsadat地区で1月27日に発症した29歳女性の2症例が死亡したことも報告した。

 エジプトでは現在までに確定された99例のうち、30例の死亡が確認されている。




(2010/2/23 IDSC 更新)
 * 情報は日々更新されています。各ページごとにブラウザの「再読み込み」「更新」ボタンを押して最新の情報をごらんください。

Copyright ©2004 Infectious Disease Surveillance Center All Rights Reserved.