国立感染症研究所 感染症情報センター
Go to English Page
ホーム疾患別情報サーベイランス各種情報
高病原性鳥インフルエンザ

WHO 更新情報
  鳥インフルエンザ−エジプトにおける状況−更新8

    2007年3月12日 WHO(原文


エジプト保健・人口省は、鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルス感染の新たなヒト症例を発表した。症例はエジプトの中央公衆衛生研究所とアメリカ海軍医学研究ユニット3(NAMRU-3)で確認された。

症例はAd Daqahliyah行政地区の4歳の男の子であった。この子は2007年3月7日に発症し、8日に入院し、状態は安定している。男の子には3月1日から3日までの間に病鳥への曝露があった。男の子の接触者は健康であり、密接な観察下におかれている。

エジプトで現在までに確認された24症例のうち、13例が死亡している。


(2007/3/20 IDSC 掲載)



 * 情報は日々更新されています。各ページごとにブラウザの「再読み込み」「更新」ボタンを押して最新の情報をごらんください。

Copyright ©2004 Infectious Disease Surveillance Center All Rights Reserved.